nana_001_610_sut200_100_s.jpg

​最新情報

写真随筆集「どこへも行けないとしても HOW CAN WE REACH FOR THE MOON?」​七咲友梨 × 山若マサヤ 

二人展 6/23〜7/17 at MONO GRAPHY Camera & Art

映画「場所はいつも旅先だった」公開中(本編映像と写真を担当)

七咲友梨 (Yuri Nanasaki / 写真家、tea grower)

島根県出身。役者として映画、ドラマ、舞台などで活動後、写真家へと転身。ポートレイトや旅の写真を中心に雑誌、広告、書籍、webなどの分野で活動。CM、ミュージックビデオ、映画など映像撮影も手がける。

松浦弥太郎氏(エッセイスト)初監督作品の映画「場所はいつも旅先だった」では映像・写真の撮影を担当、2021年10月29日公開。近著に写真集「朝になれば鳥たちが騒ぎだすだろう」(1.3h/イッテンサンジカン刊)。中国地方発のローカルメディア「みんなでつくる中国山地」にて、写真撮影を担当。現在は島根県柿木村の人々と暮らしをテーマにしたシリーズの制作を進める。

また、2017年より地元島根のクラフトティーブランド「ソットチャッカ」を立ち上げ、アーティストとのコラボなど積極的に行なっている。

 

Yuri Nanasaki

was born in Shimane, currently lives and works in Tokyo. Nanasaki's career began learning realism method of acting as an actress in movies, TV dramas, and stages. After that, she studied photograpgy under Arao Yokogi, she now works as a photographer mainly for magazines, ads and also working on personal works. She faces subjects using the techniques cultivated through her experience in acting with a primary focus on Portrait and Travel photography. Currently, she is working on a series focusing on people in Kakinokimura-village in Shimane Prefecture. Her cinematographic work “ 場所はいつも旅先だった ”, the Yataro Matsuura, a Japanese celebrated essayist directed movie is scheduled to be released in spring 2020.

お問い合わせ先



7.nanasaki@gmail.com

  • Instagram
  • Facebook